自転車日本一周リアルタイムログ!
HOMEメビウスの叫び自作の魂サバイバル・マニュアルプリウスの愛情我写真館LOG BOOKリンク集メール

2005年 5月 6月 7月

7月2日(土)<40日目> 現在地⇒北海道利尻富士町「プチホテル川一寮」

 利尻島へ!

  07時起床。昨日の夜は3回もトイレに起きてしまった。予想の域を脱しないが、風邪からくる腹痛のよう
 な気がする。体温計で計ってはいないけど寝ているときにものすごい大量の汗をかいていたし、体がダル
 い感じもしていた。
  今朝は昨日よりも体調は良好で、回復傾向にある。

  洗濯をしてから朝食。フェリーは11時10分だから10時30分前には出発したい。…あんまり時間ないな。
 急いで洗濯物を乾燥機に放り込んでからパッキングをして自転車にセット。今のパッキングには全く納得
 していないから、バイト期間中にでも考えよう。まずバックパックをなんとかしないと格好悪すぎだ。

  10過ぎに準備が整って10時20分に皆に見送られて出発。大阪からのチャリダー牛島君はデジカメの写
 真をCD-Rに焼くのを忘れたと言って3連泊決定。このライダーハウスはそういった連泊者が(私も含めて
 )多いような気がする。バイクの修理で5連泊した人もいたそうな。
  でもライダーハウスっていいよ。月3万で住めるからアパートよりも安い。ただ共同生活ってだけで、そ
 れを楽しめる人なら絶対にお勧め。マン○リーなんかよりよっぽど安くて楽しいから長期滞在には便利だ
 よな。ただ、住み着くっていうのはいかがなものかと思うし、ライダーハウス側でもお断りだろうけど、1ヶ
 月くらいならいけると思う。
  7月2日のメンバー。みどり湯さん3日間お世話になりました。帰りに寄ります。

  15分ほどでフェリーターミナルに到着。っと、早速チャリダー発見。大阪の人だ(多いな、大阪)。ただ、
 純粋なチャリダーではなく、車に積んで移動して、登山をしているらしい。今回も稚内に車を置いて自転車
 で利尻へ渡って利尻山に登るのだそうだ。登山するならそういうのもありかな。でもバックパック背負って
 自転車はかなり辛そうだ。

  11時10分、フェリーは定刻に出港。利尻の鴛泊(おしどまり)まで1時間40分の航海だ。
  12時50分、当然のように定刻で利尻島の鴛泊港に入港。驚いたのは入港スピードの速さで、凄まじい
 勢いで岸壁に近づいていた。ほんと、普通では考えられないようなスピードだったけど、そこはプロだ。慣
 れだろうけど、ベストなタイミングでアスタンを引いて(後進のこと)ピッタリと岸壁に付ける様はまさに職人
 芸。うまいキャプテンだ。

  入港してとりあえずターミナルでパンフレットを貰って情報収集。ここでフェリーターミナルスタンプラリー
 と言うものを発見。宗谷周辺のフェリー乗り場と道の駅でスタンプを押して応募すると景品が当たるもの
 で、私もフェリー乗り場は全て行けると思うので参加しようと思う。

  ターミナルの入り口に100名水の甘露水があった。これって山から引いているのかな?
  まあいいや、ボトルにつめておこう。北海道で湧き水が飲めるのは利尻だけだから。そう、この利尻に
 は熊もキツネもいないのだ。だから、キツネが原因のエキノコックスに汚染されないから湧き水が飲める
 というわけ。最初の頃知らないで飲んだことあったけど今の腹痛の原因じゃないよなぁ。もう10日以上も
 前の話だし。

  さて、利尻の第一印象は…めっちゃ暑い!そしてやっぱり利尻山がビューティフォー!!どこからでも
 拝むことが出来る最高のロケーションだ。ん〜、こういうところで働くのか〜。
  ピーカンの利尻富士。かっちょえ〜。

  バイト先のある鬼脇と言う地区までおよそ20km弱、島だけあって広い道はあまり無く、どちらかというと
 狭い道が続くけど、交通量が少ないから走りやすい。車をフェリーに積むと高いから、身一つでやってき
 て観光バスで周ったり登山をする人が多いみたいだ。

  14時30分頃川一に到着するもまだ時間があったのでセイコーマートまで足を延ばす。1km弱くらいだろ
 うか?でもここまで来なくても近くに商店とかがあるからその辺で用が足りちゃうかも。ただ、ホームセン
 ターのような店が無かった(様な気がする)から日用品はどうしよう?まっ、後で聞いてみよう。

  15時15分頃に川一のお店に入る。しかしオーナー不在ということで出直すことに。16時に再び訪れてオ
 ーナーに挨拶。みんないい人そうで良かった。稚内でここを紹介してもらった植野さんの息子さんがウニ
 を持ってきたので見せてもらった。ムラサキウニででかい!食べたいなぁ。でもどうせならバフンを食べた
 い…。

  16時30分頃にカレーを出してくれて食べる。それなのにまた後で夕食食べに行くからな。とオーナー。
 ここは少し控えめに。まだお腹の調子が戻ってないからなぁ。

  その後宿泊場所に案内された。一軒家で寮として使っているらしい(忙しいときには2階にお客さんを泊
 めることもあるそう)。まだ本格的なシーズンも始まっていないので男のアルバイトは私だけ。好きに使っ
 ていいというからありがたい。少し古い家で、お風呂にシャワーが無いこととまたまたお風呂で、ワラジム
 シが発生していること以外は十分快適に過ごせそうだ。ワラジムシも、今までキャンプ生活をしていた私
 にとってはどうって事無い。それに比べたら天国のような場所だ。これがゴキちゃん異常発生だったらさ
 すがに引くけど…。
  夏場にはこの寮にもバイト君が入ってくるだろう。

  20時頃に来て欲しいと言う事で店に顔を出して少しお手伝い。お客さんの夕食の後片付け、食器の片
 付け、ニンニク剥きや掃除などを1時間半ほどやって終了。
  夜食にとサンドウィッチや太巻きなどのセイコーマートづくし。更にビールまで頂き、サンダルも買ってき
 てくれた。ん〜、すごい待遇だと思うんだけど。

  明日は10時から仕事開始。その分夜は長いけど朝ゆっくりと言うのは嬉しい。まあ明日が特別らしいの
 だけど。
  今日はお風呂の掃除をしてから入って寝よう。バレーが終わってからね。この先ずっとテレビ見れるの
 か…。いいね。


前日の日誌へ     平面航法で行く自転車日本一周ログトップへ     翌日の日誌へ

HOMEメビウスの叫び自作の魂サバイバル・マニュアルプリウスの愛情我写真館LOG BOOKリンク集メール